• 東京で高校生が中絶手術をするメリットとデメリット

    東京で高校生が中絶手術をするメリットには、普通に高校生活ができる、気づくのが早いと母体に後遺症が残らないなどが挙げられます。
    妊娠している時は、そのまま高校生活をしているとお腹が目立ってきてしまいます。

    お腹が大きくなれば、教師の目に留まるので、しばらくの間は出産のため休校せざるを得なくなります。



    ですが、東京の産婦人科で中絶手術が済むと、普通に高校生活を続けられます。お腹も目立たないので、誰かから指摘されることもないです。
    あと、妊娠に気がついた時期が早いと、母体に影響を与えずに妊娠中絶できます。
    東京の産婦人科の医師は経験豊富な人が多いことから、依頼をすれば冷静に処置をしてくれるので大丈夫です。



    デメリットは高校生には払いにくい金額が必要になる、手術を終えた直後は運動できないなどです。

    中絶手術の費用は、高校生には払うのが難しい金額が必要です。
    両親に事情を説明すれば、お金を払ってもらえることがあります。

    ただ、両親が涙を流すきっかけにつながるため、ある程度の覚悟はしておいたほうがいいです。

    あるいは、妊娠のきっかけを作った彼氏に相談して、お金を捻出してもらうのも悪くないです。
    子育てには多額なお金が必要になるので、彼氏もそのリスクを背負いたくないと考えて、お金を出してくれるはずです。



    また、中絶手術が終わった後は、しばらくの間は激しい運動はできないです。
    体育の授業は生理がきついと教師に話せば、理解を示してくれます。